動的ストレッチ=動かしながら伸ばす本来の動作に近い筋肉の状態に

初動時負荷を慣性的に利用し可動域全般に作用させる

当院では動的ストレッチマシンを使用したパーソナルトレーニングを実施しています。
それについて少しご説明させて頂きます。

ストレッチというと、筋肉を伸ばした状態で静止しゆっくり伸ばす静的ストレッチ(スタティックストレッチ)が一般的かと思います。
これを行うと筋肉が働きにくくなるため、主に運動後や就寝前に行うと良いとされています

静的ストレッチ

対して動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)は、関節を動かしながら筋肉を刺激し可動域や柔軟性を高めていきます。
こちらはスポーツ本来の動きに近いため、運動前に適していると言われています。

動的ストレッチ

当院で導入しているマシンは後者の方、動的ストレッチマシンです。
さらに負荷にはバネではなく重り(ウェイトスタック)を使用しています。
重りを使用することで何が良いのかというと、動作開始時の負荷を慣性的に、可動域全般に作用させられるという点です。
動作を開始するときは負荷が強いですが、その後動作中はずっと同じ負荷がかかり「一度動き出すとスムーズ」ということです。
動作開始時の負荷は「初動負荷」とも言われます。

ウェイトスタック式

バネでの負荷の場合、引っ張るとバネの戻る力は最終域で最大になります。
最終域での負荷は「終動負荷」とも言われます。
終動負荷でのトレーニングは主に筋肥大に適していると言われています。
終動負荷の代表的なものはチューブトレーニングですね。

チューブトレーニング

バネ負荷の場合、初動時の負荷は軽く徐々に力を入れていく形になるためトレーニング時のケガなどが少ないとも言われています。
しかし、最終域まで引っ張ったり押し込んだりした場合の跳ね返りや戻る力が強くなります。
そのため、元の位置に戻るまで力を入れ続けないと危険です。
その代わりに求心性収縮(筋肉が縮ませながら力を入れる)、遠心性収縮(筋肉が伸ばされながら力が入る)両方のトレーニングになり、尚且つ筋肉は収縮し続けているため酸素供給が減り、心臓への負荷もかかるため筋肉の肥大が起こりやすくなります。

どちらもメリット・デメリットはあると思います。
ここで考えて頂きたいのは、スポーツなど実際の動作により多いのは初動負荷、終動負荷、どちらかということです。

初動負荷=実際の動作に近い無駄のない、しなやかな動きに繋がる

縮む⇔緩む⇔伸びるをスムーズに繋げる

人間の本来の動作は、立ち上がる、重いものを持つ、走る、などのように動きや動作の始まりに大きな力を必要とすることが多くあります。
つまり、初動負荷のほうがより自然な形だと言えると思います。
そして、その初動負荷を利用したトレーニングを実現できるマシンを当院では導入しています。
余談ですが、バネを利用したストレッチマシンも同じような形をしていることが多くあります。
そのため勘違いしやすいのですが、マシンを選ぶときに重りがついているかどうかをしっかり見て下さい。
初動負荷は重りのマシンです。

 

特異性の原則

というものがあります。
簡単に言いますと、トレーニングした箇所や動作にしか効果は表れないということです。
例を挙げると、「腕をいくら鍛えても太ももは太くならない。」
「バットをいくら素振りしても投球は速くならない(※ある程度の効果は見込めます)。」
それを踏まえると、実際の動作に則したトレーニングのほうが効率がいいのではと考えられます。

また、重りのマシンの場合動作の終りの方は脱力に近い形での関節運動になります。
そのため、縮む⇔緩む⇔伸びるのサイクルが自然と行われることになり、血圧・心臓への負担も少なく、筋肉痛や疲労も起こりづらいと考えられます。
このサイクルがスムーズに行えることで、筋肉のポンプとしての役割を活かすことができ、ある有名選手が言うように「酸素が入ってくる」と表現できるのかも知れません。

当院では4台のマシンをご用意してます

上記の4つでほぼ全身のストレッチ・運動ができると思います。
使い方は色々あり、随時紹介していけたらと思います。
YOUTUBEの当院のチャンネルでも使い方を紹介していきます。
アスエル整体院チャンネル/youtube はこちら

※症状別ページはこちら

※ご予約はこちら

※メニュー・料金はこちら

※初めてのお客様はこちらもご覧ください

おまけ:褐色脂肪細胞とは?

近年注目されている褐色脂肪細胞。
その名の通り茶色の脂肪細胞で、エネルギーを蓄える白色脂肪細胞に対し、脂肪分を分解しエネルギーに変える作用があると言われています。
成人では主に、首や肩甲骨、脇の下、心臓・腎臓の周りなどの限られた場所にしかないと言われています。

当院で導入している重り式の動的ストレッチマシンでは、肩甲骨を大きく動かすことができます。
肩甲骨周囲の筋肉には首の筋肉も含まれており、肩甲骨を大きく動かすと脇も同時に動きます。
辛いトレーニングではないので有酸素運動に近い状態で長く続けることもでき、心臓にも適度な刺激を与えられます。

トレーニングとしてだけでなく、代謝UP効果を利用したダイエットなどのお手伝いもできるマシンだと自信を持っています!

PAGE TOP