半月板って何?~エピソード2~

前回は半月板は何かということを簡単に書きました。
今回はなぜ痛めてしまう人とそうじゃない人がいるか?ということを簡単に書きたいと思います。

まず、痛めやすいのは内側の半月板です。
軟骨が減りやすいのも内側ですね。
内側が弱いわけではなく、負担のかかりやすい姿勢や動きになっているということです。

こんなふうに骨盤が後傾してしまっていると、O脚になりやすくなります。
股関節が自然と外旋といって、開く方向(外側に捻じれる)に行きやすくなってしまい、膝も開いてしまいます。

その状態でジャンプやターンを繰り返していると、内側の半月板に負担がかかり続け、損傷してしまうというのが一つの原因です。

年齢を重ねてくると、さらに軟骨もすり減っていきます。

骨盤の後傾、ゆがみと一言で片づけてしまう場合もありますが、だいたいが後傾と前傾に左右差があることで歪んでいるように見える、ということが多い印象です。

骨盤をしっかり前傾させましょう!!  …

……

だけでは解決しません。
何故後傾してしまうのか?

実は後傾しているということは背骨・体幹部分が密接に関わっています。

当院は背骨・体幹専門ですので、この部分は譲れないところですね!!

関連記事

最近の記事

  1. 口コミ紹介#5

  2. 口コミ紹介#4

  3. 口コミを紹介していこうと思います

  4. ビフォーアフター3

Instagram

PAGE TOP