ビーチバレー スパイクの踏み込み1

理学療法士という資格は結構動作分析が得意です

僕は専門学校のときから動作分析が好きでした

そこで、通常の動作分析とは少し違いますが、今回はサポートしているビーチバレーの動作を少し解説してみたいと思います。

ビーチバレーやバレーボールのみならず、スポーツでは欠かせない「ジャンプ」。

今回は #beachvolleyskillupchannel さんのご協力を頂き、スパイクにおける踏み込みからのジャンプ動作の中から、脊柱の弯曲を予測してみたいと思います。

脊柱はS字を二つ繋げたような形をしています。また、背筋群は収縮する(力を入れる)とこの弯曲を無くすような方向に働くと言われています。

それを考えると、脊柱の弯曲と筋力により、バネの作用があるということになります。

※仙腸関節については今回は着目しませんのでご了承下さい

ジャンプする際にもちろん膝のバネや股関節が必要となりますが、この脊柱のバネを利用することで高さの確保はもちろんのこと、跳ぶ際の膝の屈曲具合に左右されにくくなり、踏み込みからジャンプまでのタイミングをコントロールしやすくなります。

文章が長くなりますので、次の投稿で詳しく解説致します。

※次の投稿ではyoutubeの動画より、許可を頂き抜粋して解説します。
 https://youtu.be/aGE_BfpoTfA

関連記事

最近の記事

  1. 口コミ紹介#5

  2. 口コミ紹介#4

  3. 口コミを紹介していこうと思います

  4. ビフォーアフター3

Instagram

PAGE TOP